eBay輸出せどり:eBayの商品説明文には何を書く? - eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界

激安仕入れの古本・CDを海外に売る個人輸出ビジネス動画教材
"利益率80%を実現する eBay輸出せどりセミナー"
本編+特典で怒濤の販売事例218点を収録!
仕入先・仕入れ値や英語の出品タイトルも公開!!

▶▶▶ 詳細は ここをクリック!! ◀◀◀

eBay輸出せどり:eBayの商品説明文には何を書く?

eBayで出品する際はヤフオクと同じように
出品説明文が必要となります。

テキストで数行という殺風景な説明文のものもあれば
見やすくカスタマイズ〜デザインされた綺麗なものまで
様々な出品者がいることが、いろいろな出品を見ると分かります。


ぼくの場合は、基本はテキストベースで
見やすいフォント、見出しの色分け、文字の大きさ、
そして改行を使いながら(少なくとも自分が見て)
見やすく分かりやすい構成を心掛けています。


それではテキストには何を書くかですが、

・商品内容
・商品ごとの客観的データ
・コンディション
・送料
・注意書き

およそ上記のようなもので構成しています。

「商品内容」は、廃盤であるとか限定版であるとか
本の場合はコンテンツごとの掲載ページ数というような
商品に関する特記事項やコンテンツ詳細を書いています。

「客観的データ」は、本なら出版社名、出版日、
ページ数、サイズを記載しています。
CDならメーカー/レーベル名、商品規格番号、
発売日などを記載しています。
DVDならさらにリージョンコード、収録時間などを
追記します。

「コンディション」は、アナログレコードの一般的な
グレーディングスケールに基づいて6段階+-で
すべての商品をランク付けしています。
また、商品の大まかな部位ごとに記載しています。

「送料」は、現在は書留AIR MAILとEMSの2パターンを
記載しつつ、出品ページでは書留AIR MAIL分を
地域ごとに登録しています。


と、だいたいこんな感じですが
英語が苦手なので長い文章は避けつつ
ポイントを的確に表現することが大切かな、
と思っています。


はじめて説明文書くときは結構悩みますが、
他の人の出品をたくさん見ていくつかマネしてみたい
雛形を見つけて、組み合わせてアレンジすると
いいんじゃないかと思います。


一回パターンを決めても常に微調整はしたくなるので
まずは出品、あとは走りながら調整を心掛けると
いいかもしれないですね!


2015-09-01 16:57 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界 All Rights Reserved.