中古CDせどりに有効な廃盤CDの見分け方 - eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界

激安仕入れの古本・CDを海外に売る個人輸出ビジネス動画教材
"利益率80%を実現する eBay輸出せどりセミナー"
本編+特典で怒濤の販売事例218点を収録!
仕入先・仕入れ値や英語の出品タイトルも公開!!

▶▶▶ 詳細は ここをクリック!! ◀◀◀

中古CDせどりに有効な廃盤CDの見分け方

ぼくのせどりは趣味を生かした音楽系中心ですが
なかでもCDは定番商品です。
これは国内/海外ともに共通。


しかし、アマゾンランキング上位の新譜系以外は
なかなか素人には見分けがつかない、
特にマニア向けの古いレアCDを店頭で見抜くのは
かなり難しいことと客観的には思います。


そんな古い商品から価値ある商品を見抜くための
とっかかりの判別方法として、
CDに記載されている「ある情報」を知っておくと
「はじめの一歩」としてはかなり有効です。

これは国内盤だけに記載の情報ですが
しかし国内/海外ともに転売するには
輸入盤よりは国内盤の方が高く売れる場合が多いです。

特に海外へは国内盤販売は必須です。
日本人が売る日本盤は同じ内容のCDでも
はるかに高額になりやすく稼ぎやすいアイテムです。


とはいえ、このCD記載情報を知っただけでは
高額レア商品に出会えるわけではありません。
あくまでもレア商品発掘のための
「最初の」判別手続きと考えてもいいでしょう。

ぼくはBOなどで280円、500円棚からCDを抜く場合
まずはこの情報を手がかりにリサーチ対象商品を
選別してから調べています。


無料レポートのたぐいは後にも先にも
ひとつしか作ったことがないのですが、
このCD判別法について2009年に作ったレポートを
アップしたものがまだダウンロード可能です。

中古CDせどりをどこから手がけていいか分からない方は
まずはこの既成事実について知っておいて損はないでしょう。
経年で使えなくなるひとときの情報ではなく、
これは永遠に使える「知識」になります。

ダウンロードは「スゴワザ」からできます
→ こちらからDL


BOの280円棚、500円棚には海外に販売すると
お宝になるアイテムがたくさん眠っています。
このレポートの情報も含めて、
どんな中古CDが海外で高く売れるかは
11月のセミナーでは事例を交えて解説しますね♪

→ 11月開催「高利益のeBay輸出せどり」詳細


タグキーワード
2015-10-01 14:40 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界 All Rights Reserved.