ebay輸出せどり:同系統商品を品揃えするメリット - eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界

激安仕入れの古本・CDを海外に売る個人輸出ビジネス動画教材
"利益率80%を実現する eBay輸出せどりセミナー"
本編+特典で怒濤の販売事例218点を収録!
仕入先・仕入れ値や英語の出品タイトルも公開!!

▶▶▶ 詳細は ここをクリック!! ◀◀◀

ebay輸出せどり:同系統商品を品揃えするメリット

ゼロからebay販売をはじめますと現在は出品制限がありますので
決まった「数」もしくは「金額」分の商品しか出品はできません。
一番はじめは「10個、200ドル」とかそれくらいかな?
(最近は取材していないので、それ以上かもしれませんが)


3ヶ月から半年くらいは売りながら少しづつリミットアップを
していって、だんだんと出品できる数は増えていきます。

ある程度(たとえば300点以上)の出品リミットになったら
自分の売りたいものを品揃えしていける環境に近づきますが、
さて出品制限数も上がったときに何を品揃えしていくべきか、
という部分での方向性も少し考えた方がいいかもしれません。


売りたい商品のジャンルが自分の中で確固としてある場合は
その中での販売促進を考えればいいだけですが、
特にこだわりはない、とにかく売れて稼ぎたいという場合は
リサーチに基づいて売れそうな商品をラインナップしていく
必要があるでしょうね。


リサーチしていく中で「これはいける」という手応えがあったり
一度売れて「リピートしたい」というキーワード商品があれば
キーワードに沿って複数商品を品揃えしていくのが
手取り早くて確実性も上がる品揃え方法のひとつです。


同一傾向商品、同一キーワード商品を複数出品しておくことには
大きなメリットがあります。
それは「まとめ買い」を促進できる、ということです。


これ、結構バカになりません。バイヤーさんが
なんでも売っている「何でも屋」で何か商品を見つけても
自分のアカウント(もしくはストア)内の他商品を物色してくれる
可能性は低いかもしれませんが、

大まかな商品傾向がつかめる特色あるストアであれば
長時間滞在して他商品の追加購入を検討してくれる可能性は高いです。


ぼくの場合だと、大まかなストア商品の傾向は
「カルチャー系の日本製品(主に書籍類とメディア商品」
ということになります。

その中でも強いジャンルは「洋楽ロックの日本製品」です。
もし洋楽ロックに興味あるバイヤーさんであれば
ストア内を回遊してくれる可能性は高いです。

さらに、個別アーティスト商品を100点以上品揃えしておけば
そのなかから複数商品を一緒に買ってくれる可能性も上がります。


特にぼくの場合はFree shippingはほぼ使わず送料は別途請求なので
どうせなら複数商品を買ってまとめて送る送料を安くする
という消費者心理も働いているのでは、と推測します。
実際に、まとめ買いしてくれるケースも結構あります^^


もっと分かりやすいのは、自分がebayで海外から購入する時。
実際にぼくはebayで自分用にレコードを買ったりもしていますが、
その時には必ず欲しい商品を出品しているストアの他商品も見て
できればまとめ買いして送料分でお得感を出して買い物しよう
という消費行動を身をもって体感しています(笑)


ある程度の出品枠を獲得したら、売れそうなキーワード商品は
複数多品目を品揃えすると「まとめ買い」に結びつくかも。
これも売上アップのひとつの方法なので、できる範囲で
意識してみると成果が出るかもしれませんよ。お試しあれ。



*******************************

ぼくのメインビジネス「eBay輸出せどり」の総まとめ。
セミナーコンテンツでその全てを公開中です!

→ 詳細はこちら!

*******************************

タグキーワード
2016-07-08 12:45 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界 All Rights Reserved.