ネット物販で販売単価を上げるためには? - eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界

激安仕入れの古本・CDを海外に売る個人輸出ビジネス動画教材
"利益率80%を実現する eBay輸出せどりセミナー"
本編+特典で怒濤の販売事例218点を収録!
仕入先・仕入れ値や英語の出品タイトルも公開!!

▶▶▶ 詳細は ここをクリック!! ◀◀◀

ネット物販で販売単価を上げるためには?

ここのところ、一年前から販売されている
僕のeBay輸出せどりの動画教材がポツポツと動いております。
新年になって新たに「せどり→eBay輸出」を
やってみようかなという人に手にしていただいたのかも。

もしこのブログ経由で知って頂いたとしたら嬉しい限り。
ありがとうございます!
怒濤の販売事例を参考にしながら
ぜひeBayで売るせどりを体感されてくださいね。



その教材の中でも少し触れていたと思うのですが、
売上〜利益や作業効率を上げていくための方法として
「販売単価を上げていく」ということを
今年の目標として考えみるのもいいかもしれません。


単純に売価としての平均単価を上げていって
売れる個数をキープできていれば
必然的に売上高は上がっていきますよね。

あとは利益率と作業効率も考えながら
自分の納得出来るレベルに持っていく、と。
そのためには入念なリサーチと仕入れ精度の向上、
「売り方」そのものを検討していくなど
思考と行動をより研ぎすます必要はあるかもしれません。


1. 利益率90%で1000円の物を10個売る
  → 売上高10000円/粗利益9000円

2. 利益率50%で10000円のものを2個売る
  → 売上高20000円/粗利益10000円


利益率だけにこだわって販売するのであれば
1の方は利益率90%で仕入れ資金も少なくて良いのですが、
実際の出品〜発送作業にかかる時間を加味すると
結構忙しくて手間のかかる販売活動となります。

2の方は利益率は落ちますがたった2個を動かすだけで
1よりも大きな利益を生むことができます。
作業も楽だし結果的には1よりも旨味がありますが、
もし1に慣れている場合は単品仕入額の大きさへの心構えと
「何を売るか」の見極め(=リサーチ)の精度が求められるかな、と。
上記事例の金額を全部10倍にして考えると
より分かりやすいかもしれません。


どちらが良い、という話ではないのですが
あまりにも1ばかり(低単価商品の販売中心)の現状なら、
2の商品も少しづつ一緒に取り入れていくと
結果として平均単価を上げることはできるし
売上高も底上げしていくことができますよね。



実は僕自身が、ここ最近は平均販売単価が下がり気味なので
意識的に高単価の扱い商品を増やしていきたいと考えていて
今日はこんなことを書いてみました。

実際に自分の扱い商品の中で高単価商品が売れると
やはり嬉しいですし、同じ金額を動かす作業としては
圧倒的に楽なのでねw



eBayで売るにせよ国内ヤフオクやアマゾンで売るにせよ
「せどり」からの販売ですと数百円からの低単価仕入れも可能なので
気軽に取り組めて継続しやすいのはメリットなのですが、
そのなかで高単価のものを探すには仕入れ精度も必要となってきます。


少し利益率を下げても結果として利益が大きく残る
(自分にとっての)高単価商品の取り扱いを増やすことも
販売活動全体の売上・利益・作業効率の向上のために
考慮していくことも良いのでは、と
自戒を込めて考えてみた次第です。頑張ろっと。



*******************************

ぼくの「eBay輸出せどり」実践ノウハウの総まとめセミナー教材です。
実際の販売事例を仕入れ値・売値・出品タイトル・写真付きで200点以上公開!
ぜひ参考にしてeBay海外輸出せどりをはじめてみてくださいね♪

→ 詳細はこちら!

*******************************

2017-01-20 12:39 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © eBay輸出で海外でも売れる!高利益エンタメ系せどりの世界 All Rights Reserved.